しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。
最近話題になることも多いインプラント。
ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
もっと詳しく>>>>>ホワイトニングの効果は比較的良い様に推移しています