専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるという手段もあります。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。
数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。
その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。
歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。
どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
参考サイト:歯磨き粉を上手く使って歯を白くする方法を知りましょう