近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。
厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。
赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天的な障害を発症しやすくなると知られています。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、より積極的な摂取が求められます。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。
体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することにつながります。
こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血流のわだかまりを解消し、自律神経に働きかけ、ツボ刺激による癒し効果もあります。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。
葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。
ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なくはないと思います。
もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。
ですから、普通の食生活を送っていれば、ある程度の葉酸は補給できています。
胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。
せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。
通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。
一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、避けた方が無難です。
葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。
妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。
摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げる効果が認められています。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。
妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。
このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのはちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ませられますね。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを食べるようになったという妊婦さんも多いと思います。
しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。
ですから加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。
妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普段の食事で得られる量では適切な量の摂取が難しいとされています。
ですからサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。
妊活中の方をサポートし、体調管理をするのに適したサプリと言えば、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。
葉酸の働きは、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。
また、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
そのうえ、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。
ですが、体調が悪い時には、食事で葉酸を補給するのも難しい、なんてこともあると思います。
そうした場合、無理な食事は厳禁です。
葉酸の摂取は葉酸サプリメントに切り替えることで不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。
続きはこちら⇒妊活におすすめなのは葉酸サプリを摂取する事です