一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。
費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
続きはこちら>>>>>歯磨き粉で歯の汚れを取る事は困難