手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。
医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。
新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。
しかし、留意すべき点もあるのです。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
この治療の費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。
インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。
ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
続きはこちら⇒ホワイトニング用歯磨き粉の評価はくちこみから情報を得ます