インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって大きく異なります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、相場はあると言えます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒歯の黄ばみ 落とす 歯磨き粉