あなたがたご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
一般的な生活で摂取できる分では適切な量の摂取が難しいとされています。
ですから栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。
葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売られていますので、こうしたサプリを選べば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるというわけですね。
いまの不妊状態から脱出するのに、普段の食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)の見直しも大切でしょう。
両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)が劣悪だと活発な卵子・精子は望むほうが無理なのではないでしょうか。
妊娠しやすさのためには夫妻そろって良いバランスで健康的な食習慣を大切にしていくといいでしょう。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素でしょうか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントで葉酸を補給するのも良いと思います。
適切な葉酸の摂取の結果、胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的見地からも認められています。
このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が推奨しているんです。
今では葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用しているケースも多い沿うなんです。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。
ですが、他にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。
なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。
妊娠を願望している女性だけでなく、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意して頂戴。
亜鉛は精子が活性化することを助けてくれるのです。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を初めてみるのが良いと思います。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
不妊などの原因は女性にあるとは限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
一般的に、妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域などでおこなわれる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。
こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸をたくさん含んだ食品を学んだ方も多いと思います。
レバーは、葉酸をたくさん含んだ食べ物の代表格です。
あるいは、野菜も代表の一つですね。
こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画をたてましょう。
不妊かなと思ったときには、まず、自分の基礎体温をしることから対策しましょう。
基礎体温は運動などによる変化がありませんから、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。
さて、基礎体温表をつくるにあたっては、経過をみるために「毎日」、活動量の影響をうけない「起床時すぐ」に測るという注意点もあるので、習慣的に続けていくことが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。
あなたがたは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。
厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。
葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害などを発症するリスクが高まると言われている沿うです。
また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけて頂戴。
妊娠を願望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのかしることは大切ですよね。
ご飯内容は持ちろん、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。
いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。
ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという事ですので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
こちらもどうぞ⇒食べ物から葉酸を摂取する妊婦さん