妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。
それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。
なぜなら、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。
この話はもちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。
妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように注意してください。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も多いと思います。
もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。
葉酸はホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。
ですから、普通の食事を摂っていたならば、多少は葉酸を摂れていたと思います。
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
基礎体温でタイミングを見計らっても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦ったり悲しかったりでした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、二周期ほどで妊娠できました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。
居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。
治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。
かくいう自分もアラフォーですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、疲れきっています。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。
受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる危険性があります。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。
胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血作用を高める効果があります。
この効果は不妊改善にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。
タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。
また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。
ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。
大事な栄養素が含まれていますから、摂取が推奨されます。
ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く多くの食材から栄養をとるのが妊娠にも産後にも有効です。
その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。
妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。
この期間は葉酸の十分な摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。
実際にはそれは違います。
葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを下げてくれるという意味では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切に摂取を続けることで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が明らかになりました。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品の認定を受けているものもあり、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるようです。
管理人のお世話になってるサイト⇒いつまでも葉酸は妊婦の味方です