インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。
義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。
人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>ホワイトニングは効果ありそうでありません