「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。
それはつまり、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。
この話はもちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。
妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。
むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、しばらく経ってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活を始めました。
妊娠に適した体になるように、冷え性を治そうと運動することを思いつきました。
その結果、新陳代謝が良くなったためか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性も良くなったので、本当によかったです。
葉酸の摂取によってお腹の中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。
例えば葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用する場合も少なくありません。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。
妊活中の方をサポートし、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。
葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。
それに、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。
ほかにも、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。
ですから、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。
妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。
普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。
妊活中の女性にも赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。
ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。
それで、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。
相乗効果なのか、服用後2か月には下の子を授かりました。
いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。
葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。
葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。
ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どのような成分が必要なのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。
総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。
彼女はベルタの葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。
友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと母から聞いたことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思います。
胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が適切な摂取方法だと言えます。
サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。
葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。
なぜかと言うと食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の働きが活性化します。
逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。
不妊の一因は冷え性だともいわれています。
冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。
このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。
血行を良くして、新陳代謝を促し、体全体をリラックスさせる効果があります。
冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒葉酸サプリの効果的な使い方はいつからを決める事です