インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。
それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。
どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を置いて語れません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
詳しく調べたい方はこちら⇒歯 ホワイトニングジェル 通販