大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。
加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。
本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。
インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。
このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。
院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
あわせて読むとおすすめ⇒歯 汚れを取る 歯磨き粉