インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。
インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。
参考にしたサイト⇒歯磨き粉では人気の白い歯を出来ない。