せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。
そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。
こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。
リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。
普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。
安くできるケースで十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。
院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。
参考:真っ黒い歯の汚れが気になって仕方がない

コメントを残す