顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。
また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。
それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
詳しく調べたい方はこちら⇒おすすめの歯のホワイトニングジェル

コメントを残す