忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。
こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
もっと詳しく>>>>>ホワイトニング用歯磨き粉で歯の汚れ落とし

コメントを残す