どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けることも考えるべきです。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるしかありません。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。
人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
こちらもおすすめ⇒歯の黄ばみって簡単にとる事が出来ます

コメントを残す